国税庁「相続税e-Tax」https://www.kyuhokuzei.or.jp/topics/%E7%9B%B8%E7%B6%9A%E7%A8%8Ee-tax%E5%88%A9%E7%94%A8%E5%8B%A7%E5%A5%A8%E3%81%AF%E3%81%8C%E3%81%8D%E3%81%AE%E7%99%BA%E9%80%81%E7%AD%89%E3%81%AE%E5%91%A8%E7%9F%A5%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
当局は、相続申告全体の30%の利用を見込んでいます。
相続も早く「自動申告」ができるようになると好いですね(私見)。


ただ現実には、未だ「自動相続申告」は難しいので「相続手続き一式」を弊社らに依頼するのが得策と思います

- 

しかし以下のような要点は、すぐ掴めます。

配偶者居住権(政府広報No.4666)2020年4月実施
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hyoka/4666.htm
-

小規模宅地の特例(政府広報No.4124 )
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4124.htm

-
自筆証書遺言制度(政府広報)
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji03_00051.html
-
連年非課税贈与110万円について
[令和3年4月1日現在法令等]
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm

毎年、基礎控除額以下の贈与を受けた場合

【質問】毎年100万円ずつ20年間の贈与は、各年の受贈額が110万円の基礎控除額以下なら、贈与税は非課税ですか?

【回答】
◇ 定期金給付契約に基づくかず、毎年、個別の贈与契約を結び贈与が行われ、各年の受贈額が110万円以下(基礎控除額以下)なら、贈与税は非課税で申告不要です。

◇ 連年贈与が、贈与者と受贈者間で契約(約束)されている場合には、契約(約束)をした年に、定期金給付契約に基づく贈与税がかかります。

◇ なお、その贈与者からの贈与で相続時精算課税を選択した場合は、税額0でも贈与税申告が必要です。(相法21の5、24、措法70の2の4、相基通24-1)
-

-
贈与を受ける財産の取得の時期
【質問】
贈与財産の取得時期(贈与時期)は、いつですか?

【回答】
次の態様に応じた夫々の時期が原則です。
(1) 口頭の贈与は、 贈与の履行があった時
(2) 書面贈与は、贈与契約の効力が発生した時
(3) 停止条件付贈与の場合は、その条件が成就した時
(4) 農地等の贈与の場合は、農地法の規定による許可又は届出の効力が生じた時
(相基通1の3・1の4共-8、1の3・1の4共-9、1の3・1の4共-10)


Copyright©2024,AACCX Inc., All Rights Reserved.